【 膝 】自分の身体研究

僕は、体調が一定以上、悪くなる事が少なくて。
理由は、
● 整体の勉強会に、行って練習することが、
そのまま、身体の調整になる。
● 整体は、丹田呼吸が大事で、
丹田呼吸自体が、身体の健康法になる。
この2点が、大きいだろうなーと思う。

ところが、先週の水曜日までは、調子が良かったのに、
ここ数日、左足の動きがおかしくて。

昨日の芦屋本部の勉強会で、講習場所に入るなり、
「 よたよたしてるよ、大丈夫? 」
と、声を掛けられまして。

練習会の中で、少しだけ調整してもらって、
楽にはなったんだけど、違和感がある。
なので、原因を探ってみる事にしました。

好きなアニメを観ながら、やってみたのは、
足の曲がり方の確認。
通常の足
テーブルに足をつけて(行儀が悪いですが)


右足を曲げてみる。自然とまっすぐに曲がる。

同じように、左足を曲げてみると・・・

なんと、自然と内側に入る。
つまり、身体を動かすと、無意識に左足が中に入り、
疲労が蓄積していくという、まずい事態。

僕は、左足は、かなり怪我をしてきた。
中3の時に、成長点というところから骨折して入院し、
治ったと思ったら、退院3日後にまた折れて入院。
ほとんど、続けて半年左足をギプス。

当時は、気付かなかったのだけど、おそらくその影響で、
左足の動きが悪く、その後、
大学の時に、左足の小指を骨折。
同じく、大学の時に、左足の外踝を剥離骨折。
社会人になって、左膝後十字靭帯を手術。
現在も、金属が左膝に入ったまま。

そういう経過なので、
何かあると、左足の動きが悪くなりやすい。

今回も、左足の動きが悪くなったのだけど、
左足の何が悪くなったかというと、
左足の血流が悪くなった。
じゃあ、そこを元に戻せば、とりあえず動きは良くなる。

問題の一つは、左足のどこが悪くなっているか?
それをどうやって、見つけるかだけど、
今回は、足を曲げると、無意識に内に曲がる膝を、
意識的に、まっすぐに曲げてみた。


すると、膝の皿の上の内側と、足の3里の上に違和感。
つまり、足をまっすぐに曲げるには、
少なくても、この2点は、筋肉が緊張したり、緩んだり
のバランスが崩れて、都合が悪い。

僕が勝手に、皿の上の内側が関係していると思うのは、
皿の上の外側の少し上。

ここは、二宮整体の中で、左の骨盤を閉める、
基本的な操法で使う場所で、腰椎4番と連動する。

ここを調整してあげると、案の定、
膝の皿の上の内側と、足の3里の上の違和感が減った。
それまで、真っ直ぐに曲げようと思っても、
内側に入っていた膝が、ゆっくりだと真っ直ぐに曲がる。

でも、少し力を入れて曲げると、内側に入ってしまう。
ここまでの調整では、歩く時には、膝が内へ入って、
偏り疲労を生む状態は、改善しない。

なので、次の手を考えました。
【 膝 】自分の身体研究

※ 写真は調整後に、どんな状態だったかを、
思い出して撮ったので、緊張のバランスは、
変わっています。
ーーー 続きますーーー

神戸市須磨区、垂水区、明石市魚住で整体しています。
店舗情報

僕の整体は、二宮式整体がベースです。
二宮整体本部の初等セミナーは広げるため無料です。
興味がある方は、公式HPから申し込みしてください。
二宮整体アカデミー公式ホームページ

僕が出張しているお店では、「 お菓子は食事の延長 」と、
考え、「 身体が喜ぶ安心な食べ物 」を、提供しています。
僕が整体し、糖尿の数値が改善した方は、Kohanさんの
食べ物を食べてもらいました。リンクKohan バナー

ブログランキングサイトに、登録しています。
押してもらうとランキングポイントが入ります。

にほんブログ村 健康ブログ 整体へ     
にほんブログ村     整体ランキング
ポイントが入っても、僕にお金は入りませんが、
僕のモチベーションがあがります☆