ブログランキングサイトに、登録しています。
押してもらうとランキングポイントが入ります。

にほんブログ村 健康ブログ 整体へ     
にほんブログ村     整体ランキング
ポイントが入っても、僕にお金は入りませんが、
僕のモチベーションがあがります☆

腎臓 と 酸素飽和度

タモリ
今日のテーマは、腎臓ですね。
腎臓というと、おしっこを作っているくらいしか、
知らないのですが。

山中教授
あのー、1日におしっこって、1ℓ か2ℓ ぐらい。
でも、実際に腎臓の中では、1日に180ℓ の、
おしっこができているんです。
ちょうどこのぐらいの量です。

腎臓がつくる 尿の量

これだけ1日に作ってるの? えーーー!?。

( 中略 )
山中教授
このシリーズは、臓器同士の会話がテーマなんですけど、
その観点から考えると、もう腎臓というのは、
脳であるとか、心臓と、まったく引けをとらない、
ひじょーーーーに、大切な、重要な、臓器です。

腎臓は、おしっこを作るだけではなくて、
もう本当に沢山の仕事を、今パッと考えるだけで、
五つくらいあるんです。

高知 の トレーニング

そんな腎臓を、懸命に鍛えている人達がいます。
標高2,100mの高原地帯。
ここは、日本代表の水泳チームが、
長年高地トレーニングをしてきた場所です。

今回、協力してくれたのは、
リオデジャネイロオリンピックの金メダリスト金藤理絵選手。
東京オリンピックを目指す、
次世代のアスリートを連れ、やってきました。

酸素が薄い高地。
泳ぎ終わった直後に、身体の中の、酸素量を測ります。
酸素飽和度 血液中の酸素の割合 正常値96~99%
平地なら、96%を切ることはありませんが・・・

水泳選手

選手A
「おぉっ、89(%)。死んじゃう」 一同笑

なんと、選手自身も驚く80%台。
通常、ありえない数値です。

選手B
「88(%)」「あはは。マジ?」
身体の中が、酸欠状態です。

ところが、2週間後。

選手C,D,E
「95(%)」「96(%)」「97(%)」

身体に、十分な酸素が、行き渡り始めました。
これがいわゆる「高地順応」です。

でも、たった2週間で、
身体の中では何が変化したんでしょうか?
酸素を取り入れる肺?
それを全身に送る、心臓?

いえいえ、実は選手たち自身も気づいていないのですが、
鍛えられているのは、腎臓なのです。

ダニエルさん

ダニエルさん
「高地にきて、身体に酸素が足りなくなると、
すぐに、腎臓が反応します。」
「ある物質を出すことで、身体の中を変えてしまうのです。」

酸素が不足している身体の中。
ほら、腎臓が、何かを大量に出し始めました。
エポ((EPO)メッセージ物質)と、呼ばれる、小さな粒。

EPO メッセージ物質

他の臓器に、酸素が欲しいという、
メッセージを伝える物質です。
血液の流れに乗って、全身に広がっていきます。

このメッセージ物質。一体どこが受け取るのか?
おや? 骨に入りました。
骨には、血管が出入りする穴があり、内部の空洞で、
血液が造られています(骨髄)。

骨の中に、メッセージ物質が入ってきました。
すると、酸素を運ぶ、赤血球の増産が始まります。

赤血球 増産

赤血球が増えると、全身の筋肉に、
より多くの酸素が届くようになるため、
持久力もあがります。

金藤選手の、これまでの赤血球のデータです。

金藤選手 記録

金メダルを取った時、競技人生、最高の値を記録。
その立役者は、腎臓だったのです。
今回も、赤血球の割合が、上昇していました。
初日40.8% 2週間後43.1%

腎臓は、あなたの日々の生活の中でも、
つねにメッセージ物質を出し続け、
全身の酸素濃度を、コントロールしています。

腎臓が、骨に向けて発するメッセージ。
それが、私たちが生きていく上で、
極めて重要な役割を果たしていたのです。

これまでの、人体のイメージといえば、
脳が司令塔となり、他の臓器は、それに従っているだけ。
と、いうものでした。

しかし、実際には、あらゆる臓器が、
メッセージとなる物質を出し、
他の臓器と直接会話していることが、分かってきました。

体内に、情報のネットワークがあるのです。
臓器から臓器へ、メッセージ物質を運ぶ回線は、
全身に十万キロあるともいわれる、血管網です。
その血管が、一際密なのが腎臓。

実は、腎臓は、このネットワークの要として、
命の根幹に関わる、数多くのメッセージ物質を出し、
身体の中をコントロールしているのです。

———-以上、番組より抜粋————————

ちなみに、僕が介護の仕事をしていたとき、
冷えの影響もあると思いますが、
パルスメーターで、酸素飽和度が84%だった方の手足が、
紫色のチアノーゼの症状が出ていました。

腎臓、大事ですね。

☆ 参考 腎臓の働きを良くする方法 ☆
基本の操法【 副腎の輸気 】
生活の知恵 足湯の方法

腎臓の最新の研究 ~ NHKスペシャル(2017年10月)より~
② 腎臓 と 血圧
③ 腎臓 は 血液の管理者
④ 腎臓 と 寿命
⑤ 腎臓 と 薬

神戸市須磨区、垂水区、明石市魚住で整体しています。
お問い合わせ

僕の整体は、二宮式整体がベースです。
二宮整体本部の初等セミナーは広げるため無料です。
興味がある方は、公式HPから申し込みしてください。
二宮整体アカデミー公式ホームページ

僕が出張しているお店では、「 お菓子は食事の延長 」と、
考え、「 身体が喜ぶ安心な食べ物 」を、提供しています。
僕が整体し、糖尿の数値が改善した方は、ココ ↓の
食べ物を食べてもらいました。リンクKohan バナー