前回 2017年10月 二宮整体アカデミー 高等セミナーでの話 ①

頚椎1番 と 頚椎2番

今日は、首の調整をしますが、
これにも色々、加減があります。

私が思ってる、首の調整というのは、
「 ゆっくり、強く 」
と、いうのが基本かな。
強くといったら、えらいことになるんだけど、
ここは、高等ですから、言っているので、
強いというのは、ただ、力任せというわけではない。

それと、さきほど言った、「 度 」ね。
ええ加減な度合いで、実習して頂いたら、
いいかと思います。

今日は、首の1番から7番まで。

頚椎1番 から 頚椎 7 番

 

 

 

 

 

 

 

 

どういう傾向。どういう状態にあるかというのを、
みなさんで、観察をして、
合わせて調整をしていただこうと思います。

これは、こないだ、中等で言いましたけれど、
首の1番というのは、すごい大事ですよね。
前回 頚椎1番

頭痛があったら、後頭骨、どちらか下がっています。
頚椎1番。
参考 → 頭痛

頚椎1番使うこと、すっごい多い。
体温調整中枢。
発熱とか、体温をコントロールする中枢がそこにある。
これが、ずれていることによって、
上がるべき体温が、上がらなかったり、
下がるべき体温が、下がらないということが起きる。

これに合わせて、呼吸中枢。
呼吸を整える、急所なんです。
これは、視床下部という、脳に直結してる。
あと、血管の運動にも関係します。

もちろん、これがカタカタになっていたら、
眠りというのは、どうしても深くなれない。
また、朝と比べ、夕方は、どちらかが下がる傾向にある。

弾力があればいいんですけど、少し輸気してあげれば、
みなさんの眠りというのは、一変します。

体温、呼吸、血管運動というのに、直結してるんですね。
ほんと、ここ(後頭骨)をびっちり調整できたら、
他を変えなくても、ええやないかと言う位に、思います。

でも、こっち(右の後頭骨)が、下がるという場合に、
その背景には、右の骨盤が下がるとか、
可動性の悪さというのが、ついてまわるんですね。

身体トータルで、観ていかないといけませんけれど、
大きい一つのポイントになる。
この、1番というのは、頭の刺激を、お腹に伝える、
伝達になっています。

それに対して、頚椎の2番。
これは、目に関係していますね。
また、頭の血行。これも使うことが、すごく多い。

ここが詰まると、どうなるかというと、
お腹の状態が、頭に届きにくいということが起きる。
どういうことが、起きるかというと、
お昼にカレーを食べたのに、腹が空いたっていう、
状態になるわけです。

例えば、満腹中枢の伝達が、脳へ行くのが遅くなる。
また、お腹が排泄したいという状態が、脳へ届かない。
緊張か弛緩か、ストレスか、いろんなことが重なって、
便秘になる。

この2番が緩むと、みなさん、もう経験してますよね。
絶対、2番、1番って触ってるでしょ?
首を整えようと思って、整体しようと思ったら、
また、確認しとかないといけない。

目も。頭部の血流というのは、すごく大事です。
どっちが偏っていても、よくない。
バランス、弾力というのは、すごく大事ですよね。
交感神経も、副交感神経も、両方高く推移?できる
ように、幅をもっているというのが、すごく大事です。

だから、偏っていないということが、すごい大事。
悪いという場合に、必ず偏っている。
この、1番2番をぴっちり変えていたら、
他のところは、それ相応に変化してきています。

——以上 抜粋とまとめです—————————

続き 2017年10月 二宮整体アカデミー 高等セミナーでの話 ③

神戸市須磨区、垂水区、明石市魚住で整体しています。
お問い合わせ

僕の整体は、二宮式整体がベースです。
二宮整体本部の初等セミナーは広げるため無料です。
興味がある方は、公式HPから申し込みしてください。
二宮整体アカデミー公式ホームページ

↓押してもらうと、励みになります。

押してもらうとランキングポイントが入ります

ポイントが入っても、僕にお金は入りませんが、
僕のモチベーションがあがります☆