4. 肉食過剰 と 大腸癌 理由

冨田先生の話 ↓ の続きです。
1. 水腎症 と 玄米 と うんち【レポート】
2. 肉食過剰 と 大腸癌
3. 肉食過剰 と 大腸癌 と 沖縄
-------------------------
肉を消化するための、腸内細菌というものがありまして、
肉を消化するための、腸内菌というのは、
完全に消化してくれないんですね。

腐敗発酵レベルまで、消化しているわけですよ。
発酵というより、腐敗させている。

そうすると、
腐敗すると、毒ガスが出てきますよね。
アミン類という、猛毒性のガスを出すわけですね。

これは、粘膜の細胞を傷つけていくわけですね。
しかも、肉食をした時に、うんちが臭いという自覚は、
みなさんもう、経験あると思うんですが、
非常に悪臭があると思うんですけれど、
この悪臭が、実は、大腸癌を起こしている原因物質。

肉を買ってくると、みなさんは、どこに保存しますか?
冷蔵庫でしょ?
あたたかくて、じめじめしたところに、
保存しませんよね。
すぐ腐敗する。

でもね、食べるということは、
ここ(お腹)に、貯蔵しているわけです。
暖かくて、じめじめしているところに、
放り込んでいるわけだから、
非常に早く、腐敗発酵を起こしていくという訳です。

ですから、西洋人は、十字を切りますよね。
天におわす、われらが神よ。
今日も、日々の糧を与えてくださって、
ありがとうございます。
こう、胸できるわけです。

でも、肉を食べるということは、
獣の死骸をお腹にいるわけですから、
ここ(お腹)で、十字をきった方がいいと思いません?
獣の死骸をお腹に入れているわけですから。

どうですか?こういう話を聞くと、
ちょっと控えなあかんという気になりませんか?
大体、死骸を食べている。と、いう自覚を、
するべきなんですね。

死骸という、生々しさを出さないために、料理という。
で、オシャレなお皿に盛り付けていく。
文化で、そういった怪しさを、覆っていくわけだけど、
本質的には、お腹に死骸を放り込んでいることには、
変わりはない。と、いうわけですね。

ちょっと(肉を食べるのが)減るでしょう。これで。
-------------------------
神戸市須磨区、垂水区、明石市魚住で整体しています。
お問い合わせは、ここをクリックしてください。

冨田(玄米)先生のブログです
あすなろ日記 → http://inyan.seesaa.net/

↓押してもらうと、励みになります。

押してもらうとランキングポイントが入ります