肉食過剰 と 大腸癌

前回 → https://goo.gl/HAXCR8 の、
冨田先生の話の続きです。
今回は、厳しく話しているので、読むの注意です。
-------------------------

もっと驚く話が最近ありまして、
ブログにも書きましたけれども、
奥さんが70過ぎで、かなり重い糖尿病。

ご主人は、もっと年をいって、80近くで大腸癌。
で、この大腸癌は、もうかなり前からあって、
切ったり抗がん剤をして、なんとか長らえてきた。
と、いう状態なんですね。

で、子供たちはと聞くと、3人おったというんです。
つまり、逆さ仏といって、
子供が先に死んでるわけですね。
3人とも、大腸癌で、亡くなっているわけですね。
で、それを聞いて、これは祟りだなぁと思うわけですね。

このお母さんは、息子2人と、娘1人を殺したという、
自覚はないんです。自分が殺したという、
自覚はないんですね。
ただ、少し生活が裕福になってきて、
いわゆる洋風のライフスタイルですね。

肉を出し始めて。子供たちは、肉を美味しいといって、
「 今日は肉ないの? 」っていうような感じで、
子供たちが喜ぶように、毎日好きな肉を出し始める。

そうすると、小さい時に、肉の味を覚えてしまっている
ので、大人になっても、今日も肉、明日も肉、と、
いうようなライフスタイルになっているわけですね。
あきらかに、大腸癌の原因は、肉食が大半なんですよ。
一部、 精神的なものもありますけども、

ほぼ、大腸癌は、肉食過剰が原因ですね。
好きなように、そうやって、子供が好むもの。
これないの、肉ないの、今日は。という声があると、
毎日だして、子供に喜ばれるために、
今日も肉、明日も肉、と、いうようになるわけですね。
その結果、子供を殺している。と、言うわけですね。

で、このお母さんは、主観的には、子供たち3人大腸癌
で失って、悲劇のヒロインになっているわけですけども、
主観的にはね。
でも、客観的にみたら、自分が殺しているという、
自覚はない。と、いうことですね。
で、大腸癌と肉食の関係はですね、
もう証明されているんですよね。

~ 続きは根拠についてです ~
-------------------------
神戸市須磨区、垂水区、明石市魚住で整体しています。
お問い合わせは、ここをクリックしてください。

冨田(玄米)先生のブログです
あすなろ日記 → http://inyan.seesaa.net/

↓押してもらうと、励みになります。

押してもらうとランキングポイントが入ります