パーキンソン病 60代女性 ②

前回 → https://goo.gl/RUoA2q
の、続きです。

二回目に来られた時は、
前回は、胸椎6番左一側だけ、気が強く通っていたのが、
今回は、胸椎4番左一側も、気が強く通るように、
変化していました。

 

 

 

 

 

 

 


胸椎4番左一側は、

食べ物の飲み込む力と関係があります。
なので、パーキンソン病の症状の中にある、
嚥下障害も、この場所が関係がある可能性が高いです。
ただ、この場所は病気の原因ではないと思います。

三回目に来られた時は、
明らかに、歩く速度や動作が速くなっていました。
1.5 ~ 2倍位だと思います。
身体の方も、全体的に気の通りが、
格段に良くなっていました。
消化器と連動する、腰椎2番も気が通りました。

腰椎2番
五回目に来られた時は、
首が完全にまっすぐになっていました。

四回目の整体後は、まだまっすぐではなかったので、
家で過ごしている時に、身体が整ったんだと思います。
整体後、家に戻り、日常生活の中で身体が整うように
調整する。これが整体の醍醐味だと思います。

六回目の整体が終わったところで、
持ち直すことができました。ありがとうございます(^^)
と、いわれ自分でのリハビリへ移行しました。

順調に回復していったのは、
本人自身が、できる範囲の努力をされ、
運動もされていたことも、大きく影響したと思います。

今回、最初の整体で、
胸椎6番左一側に焦点を絞ったわけですが、
パーキンソンの調整点がここだと知っていた訳では
ありません。
たまたま、この方の場合はそこが調整の要で、
上手く当たったのだと思います。

自分の中で忘れないようにしたいことは、
最初の時に感じた、消化器から脳へ向けての信号が、
しっかり送られていない感じがしたこと。
そして、消化器から脳への向けての信号が通りやすく
なったように感じるのに、合わせるように、
動きが良くなったことです。

今後、パーキンソンの方が来た時に、
同じような状態ならば、指定難病の一つの調整点を
見つけられるかもしれないので楽しみです。

神戸市須磨区、垂水区、明石市魚住で整体しています。
お問い合わせは、ここをクリックしてください。

僕の整体は、二宮式整体がベースです。
二宮整体本部の初等セミナーは広げるため無料です。
興味がある方は、公式HPから申し込みしてください。
☆ 二宮整体アカデミー公式ホームページ ☆
http://ninomiyaseitai.com/seminar.htm

↓押してもらうと、励みになります。

押してもらうとランキングポイントが入ります