鈍りと病気。敏感と輸気

前回 → https://goo.gl/iY6Htz の続きです。

身体というのは、繋がっているからなんです。
気が通っていくと、身体自体に変化が起こる。
輸気( 手当 )はどこにしたっていいんです。
だって、繋がっているから。

足にやって、身体に。
命に輸気するのと同じなんです。
頭に輸気しても、足にも届きます。
ところが、ここが肝心なんですけども、
もっとも、感じやすいところに輸気をすると、
より短くて、より大きな効果が得られる。

「 そこ!! 」
っていうところに、輸気をすると、
身体が、がんと変わる。

これを見つける名人が、みなさん知っている、
二宮進という先生です。
これを見つけるのがすごいんです。これが得意なんです。
「 ここやー!! 」いう。

あれも、これも、それもあるけれど、
もう、ここというところを、
いわば、身体にとっての焦点というところを、
輸気すれば、鬼に金棒。

それによって、その人の身体に起こる、
さまざまな不具合が、変わっていく。

神戸市須磨区、垂水区、明石市魚住で整体しています。
お問い合わせは、ここをクリックしてください。

僕の整体は、二宮式整体がベースです。
二宮整体本部の初等セミナーは広げるため無料です。
興味がある方は、公式HPから申し込みしてください。
☆ 二宮整体アカデミー公式ホームページ ☆
http://ninomiyaseitai.com/seminar.htm

↓押してもらうと、励みになります。

押してもらうとランキングポイントが入ります