-以下、私、池田悟大の要約です。藤山先生の主旨とは違うかもしれません‐

藤山先生 夏季セミナー 冷え取りの輸気

足の3指(中指)4指(薬指)の間が、狭まってる方。
冷たく感じる方。ちょっと抑えると相手が痛がる方。
そっちが冷えている。

初めての方は、両方。
狭まっている方を輸気。 手を重ねて、親指を重ねて輸気。

押さえるんじゃなくて、揉むんじゃなくて、手を当てる。
そこから息を吐いて、すうようなつもりになって、気を通していく。
そうすると、相手の体になんらかの反応がある。
それを「 感応 」という。
ビリビリ。あったかい。いろいろ。

3指4指が狭まっていると、
お腹が痛い。足が痛い。腰が痛い。夜眠れない。

その原因が、たった3指4指のつまりで起きている場合がある。
3指4指を輸気すると、ふわっと開いてくる。
詰まった感じが小さくなる。 そこまでやる。

2人ペアで、実習する。

-以上、要約でした☆-
人気ブログランキング ☆
1日1クリック、お願いします☆