二宮式整体

  • HOME »
  • 二宮式整体

二宮式整体とは

赤ちゃんへの、副腎の輸気

副腎の輸気

二宮式整体は、治療ではありません。

また、指圧やマッサージのように、
押したり揉んだりは、いたしません。

「輸気」と呼ばれる「手当て」を使い、
身体に変化を促がし、骨盤と背骨を調整します。

すると、結果として自律神経が整います。

 

人は、頭が痛いときや、お腹が痛いときに
自然と痛いところに手を当てます。

これは本能で、手を当てると、勝手に意識が集まって、
回復力を高めてくれるのです。

前述した「輸気」とは、
訓練することで、手当の効果を意図的に行う技術です。

人は痛いと力が入り、身体の変化を呼び起こせません。
本人の力に働きかける、二宮式整体では、痛いと効きません。

 

 

二宮式整体の特徴

二宮式整体の最大の特徴は、
「左の骨盤は締めて、右の骨盤は上げる」
ことにあります。

骨盤と自律神経の関係
二宮進先生が、内臓が左右非対称であるように、

骨盤の働きも左右非対称で、

「左の骨盤は交感神経」 「右の骨盤は副交感神経」

と、連動することに気付き、50年近く、何十万人と研究してきたのが
二宮式整体です。


 

PAGETOP
Copyright © 二宮式 ごだい整体指導室 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.